審美歯科の相談室(泉崎ファミリー歯科)

沖縄県那覇市の審美歯科

審美歯科の相談室が選ばれる理由

審美歯科の相談室(泉崎ファミリー歯科)が皆様に選ばれている理由

 

i-Teroがある

口腔内スキャナーであるi-Teroの画像技術は形どりよりも精度が高く、歯表面の凹凸までデータとして採取できるため1人ひとりに合ったインビザラインを製作でき、適合性の向上に繋がります。
また、従来であれば形どりのやり直しが20%ほどに診られ、再来院が必要でしたが、i-Teroがあることでそれが不要になります

 

快適

従来の歯型の形どりは粘土(印象材)が固まるまで時間がかかる、(印象材)を外す際に力がかかり、痛みを伴うこともありましたがi-Teroは歯や歯茎をレーザーでスキャンするだけなので、負担の軽減になりました。
嘔吐反射(吐き気)などが起こるなど不快を感じる患者様にも、疲労感を少なく受けて頂けます。

 

安全

i-Teroは放射線を使用しないため、体への影響はなくお子様や妊婦の方にも安心です。
むし歯の存在もレントゲンをとることなくわかります。
また歯型を採る際に粘土(印象材)が喉の奥に流れるなどのリスクもなくなります。

 

速さ

i-Teroは搾取した画像データをインターネットにて直接送る事ができるため、インビザラインを始めるまでにかかっていた時間を2週間以上短縮します。

 

安心

今現在の自分の口腔内の状況を、その場ですぐに3D画像で確認出来ることで、モチベーションアップ安心感に繋がります。
初回のカウセリングでは、シュミレーション画像をお見せしますが、ご自身のスマートフォンでシュミレーションソフトを操作することができます


症例数の多さ

インビザラインgoの患者数は県内でも上位に入ります。
女性医師ならではの繊細な美意識の高さで、
治療のゴールを相談します。

インプラント・セラミック治療などの経験も豊富であり、インビザラインGOと比較して、どの治療が適しているか、併用したほうがよいかと治療計画のバリエーションが多いが強みです。

 

また、
5人の衛生士(1つの医院で5人衛生士が在籍しているのは県内でも多いほうです)が、iTeroの取り扱いに慣れています。
5分以内にスキャンが終わります。
研修に重きを置いていて、技術の均一化を図っております。

 


 

予約が取り易い

歯科治療や歯周病予防治療については、初診を制限しており、3週間後になることも。しかし、
マウスピース矯正のカウセリングについては、2ー5日以内の予約を実現しています。

マウスピース矯正にかぎっては、思い立った時にすぐに相談出来る、ということが重要と考えています

検査も矯正に必要な検査に限定して30分の無料カウセリング、1週間後のシュミレーションを確認、3回目の来院でスタート出来ます。

歯周病や虫歯治療に関しては、色々な検査を経てリスクを把握して予防プログラムを個々に立てていくことをモットーにしているので、初診の検査時間も長く取っているので予約はどうしても長くなってしまいますが、

矯正治療に関しては、県内中(北部や離島からも)から沢山の患者さまがお見えになります。導線を明確化し、予防・むし歯治療は近くのかかりつけ医で行い、矯正のカウセリング・治療は当院で行うことで予約の短縮化を実現しています。

平日に通える、など頻繁に通える方においては、むし歯治療・歯周病治療を当院で行うかも相談して決めています。

値段が安い・支払い方法が選べる

県内最安地34.8万円
それを実現するためには、様々な企業努力が必要になります。
研修により検査スピードの短縮、
適応症例(半分以上はインビザラインGOができず、ワイヤー矯正を進めることも)
を厳選する、
事前のライン相談でわかりやすい説明を心がけ、
診療室での時間を短縮化する、など、、

そうして実現した県内最安値です。

気軽にコンプレックスを解消してもらい、多くの人に自信を持ってもらいたいと思います。

 

治療前に決めておくことは、どの治療をどこまで行うかということです。
あなたが希望する治療に対して、歯科医師から最適な方法や治療期間・費用などについて提案されます。
ご自身の体調や予定を考えながら、どの治療を選択しどこまで行うのかを歯科医師のアドバイスをもとに決めていくことが一番大切です。

 

 

マウスピース矯正治療は自由診療のため治療費が高額ですが、医療費控除制度の手続きをすると後で還付金が戻ります。

支払いも一括払いだけでなく、クレジットカードやデンタル・ローンの利用など、クリニックに相談することが大切です。
治療中でも、不安なことや心配なことは歯科医師に相談しましょう。
しっかり話し合うことがゴールを明確化し、治療を早める近道です。

沖縄・那覇のマウスピース矯正の詳細はこちら

ブログカテゴリ

SNSでこの記事をシェア